読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜レオンのクラナン日記〜

運命の人と出会うまでCLUBに通い続ける奮闘記

酔拳ナンパの使い手

 

 

 

 

 

 

 

某日。

 

 

 

 

 

 


僕は久しぶりにU街に降り立った。

 

 

 

 

 

 

 

今日はリア友との合コン。

 

 

 

 

 

 

 


ギャルの良さに気づいてからというもの、

リーマンマイク feat.今井華 / 渋谷合コン歌∼#すっごいよっ一体感∼ - YouTube

こればっかり聴いてた僕はすっかり合コンを心待ちにしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 


まぁ集まってみれば、なかなかのおばけ屋敷。

 現実はそんなに甘くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は飲むしかないッ...!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息を吐くように女の子達をいじり倒して合コン慣れてるグダ全て流して怒涛の合コンゲーム投下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく騒ぎたい。

そして1番スト値マシでド即系子狙い撃ちで飲ませる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレに立ったタイミングで追撃。

トイレ前でDKするもトイレががっつり入り口から丸見えですぐ隣が我々の席だった為トイレ即ならずでPMDK止まり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一次会終了後の移動中野生の幹事さんがさっきの案件にグイグイ行ってた。

僕は代打で呼ばれただけで初対面やったし任せて僕は一次会で抜ける。Mへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして騎士いん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何はなくともサージング。
認識作業で二周ほどぐるぐる。

 

 

 

 

 

 

 


別で来てたシザさんに
「レオンたん、今日スト値8.5あるで!」
と半分冗談交じりに言われたのを真に受けて喜んでいた(らしい)

 f:id:clubleon:20161023210339p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

合コンでなぜか女の子達にウイスキーイッキさせられていたのもあって、例のごとくのっけからポンコツモードの僕。

 既に記憶が途切れ途切れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてとりあえず飲もうとバーカン並んだら、向かいのバーカン並んでた既セクと目があう。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの再会に乾杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけで終わればよかったものの、

既セクが愛おしすぎて何杯も酒をおごりながら小一時間「頼む、幸せになってくれ」と言い続けるww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安定のポンコツモードwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかん、こんなことしてる場合じゃない、ナンパせな(・_・;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてシザ氏と合流しまぁまぁかわいい2人組に声かけ。

 

シザ子 スト5 若干テンション高い
レオ子 スト5 かわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

いい感じに僕も案件も酔っててテンポよく和んでいく。

 

 

 

 

 

 

 


これは連れ出しもっていけるかなと思ってたら
シザ氏「損切りや。これは多分即れんから次いこ」

との打診が。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このへんの見切りがシザさんは早い。

 

 

 

 

 

 

 

 


僕はがっつり腰に手回してるのになぜ即れへんのやろか(´-`).。oO

非モテコミット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆3で粘ってみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして僕はレオ子がめっちゃタイプやのになぜかシザ子と長いキスを交わす。

なんでや、なんでそっちいったんや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案の定、レオ子からの食いつきが地に落ちた。

 

 

 

 

 

 

 

 

あら、嫉妬してるじゃないの、これはまだ後ほどワンチャンあるかな?

とりあえずめっちゃタイプやったから番ゲして放流。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのからあまり記憶がない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり記憶飛んでるけど、時計を見たらあと1時間そこそこで終了の時間(・_・;

 

 

 

 

 

 

 

 

時間も時間や、そろそろ決めたい...

 

 

 

 

 

 


どないしよおもてたら右のレディースシートからフロアに2人案件が入ってきた。

 

 

 

 

 

 


うち1人とがっつり目があう。

 

 

 

 

 

 


レオン「なに??」

「いや、めっちゃかっこいいなと思って笑」

 

 

 

 

 

 

 

気がつけば考えるより先にDKしてた。

 

 

 

 

 


もう1人をどうしようか。

 

 

 

 

 

 

近くにふぁーびーさん発見!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レオン「ちょ、こっち仕上げて!!!」

 

 

 

 

 

 突然のパスに戸惑いながらも担当していただく。

ふぁーびーさんにも相方子が刺さったみたいで、5分で連れ出し打診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レオン「もう出よっか」

 

案件「チンコデカかったらいいよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんというド即系(´-`).。oO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(チンコでかいどころか、今日の酔い具合からして勃つかどうかも危ういけど、いいかなぁ(^ν^))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げにもう1発DKかまそうと思ったら背後から脇腹に鈍い痛みが走る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐぇぇぇ...!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なぁ、なにしてんの?(^ν^)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろを振り返るとさっきのシザ子が(・_・;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更にそこからガチのビンタ何発もくらう\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで殴られてんのこれww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし僕も伊達に最近ポンコツの呼び声高いレオンではありませんよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう完全にベロベロやし即への道筋見えてたので、ビンタされながらもヘラヘラする(^ν^)

 

f:id:clubleon:20161023213526j:image 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2:2連れ出し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


案件の名前何回言われても覚えれんくて、タクシー乗ってる間ひたすら名前を聞き返す。

 

 

 

 

 

 

 

 


LH着いて、また記憶飛んで、ところどころしか覚えてないけど、今までに類をみないくらいのチングダを起こしてことだけは覚えている。

 

 

 

 

 

 

そういう時は!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

「さぁ、乳首をつねってくれ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ギュウ〜〜〜〜〜〜!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


なん...だと...??

 

 

 

 

 

 


全く反応しねぇ...

 

 

 

 

 

 


あまりの衝撃にまた記憶が飛ぶww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィニッシュは覚えてないけど朝起きたらちゃんと発射後のゴムが転がってたから無事に終わったと思われる。

 

 

 

 

 

 


朝起きて酒抜けたからもう一回戦しよおもたら案件がびっくりするくらいの塩対応\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また今度ねってLINE交換してないっちゅーねん\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バリカタすぎてイライラしたけどなぜか風呂は一緒に入ってくれるという\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

そしてフェラお願いしたらグダ\(^o^)/
昨日のチングダがよっぽどひどかったみたい\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、記憶飛ぶほど飲んだ日の即率ほぼ100%!
酔拳使いのポンコツでっす\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁなんやかんやでふぁーびーさんとコンビ即\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

ふぁーびーさんの担当は僕でもいいとか言ってたただの即系でわろた\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

くるくる狙ったけどタイミング合わず(*_*)

 

 

 

 

 

 

 

真面目な話、合コンで弾丸即とくるくるも達成してたら3即も狙えた。

結局朝方もう1発できんかったし何かと不完全燃焼でした。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ここ最近は打率も段々上がってきて、案件を直接食いつき上げるというよりも、CLUB内での立ち回り方がなんとなく掴めてきたのかなと思う。

 

 

 

 

 

 


会えずじまいやったけど、北海道行かれたタケシさんのクラナンについてのブログでも言及されてたような、目立つ男と仲良く話すだとか、既セクの方から寄ってきたようなニュアンス出すとか、人気者を装うことがおそらく昨日は自然と出来てたんだと思う。

 

 

 

 

 

 

あと、僕は基本的に番ゲはしない。(今日したけど)
番ゲすることでもう一歩踏み込んだら即れたかもしれない案件もそこで満足してしまいたくないし、結局僕は週末しか出ないので出撃数を1つ減らしてアポるなんてよっぽどのスト高じゃないともったいないので。

 

 

 

 

 

 

 

 


まぁただ単にちゃんとメンテせんだけなんですけど。

 

 

 

 

 

 

案件がジェラシーを感じるように女の子と適度に和んで敢えて放流したりも昨日は出来てた。
最終的に公衆の面前でがっつりビンタされたけど。

あれも上手いこと使えば食いつき一気に上げれたんかなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

あーナンパ楽しい!

もっともっと上手くなりたい!

まだまだやるぞー!

プチ遠征 〜初の狐箱〜

すっかり夏も終わりを告げ、徐々に肌寒くなりつつある今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

僕は電車に揺られ懐かしい街に向かっていた。

 

 

 

 

 

 

 

古都の街。
中高生の頃、大阪で彼女と遊んで誰かに見られるのが嫌で、よく遊びに行った。

 

 

 

 

 

 

 

ナンパを知ってこうして訪れると、この街の雰囲気がまた違って感じられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とかね、そういうね、某凄腕氏みたいなシャレオツな文体にするの、やめます!!!!

 

 

 

 

 

 

 

サザンオルガスターズのみんなにポンコツ呼ばわりされて久しい僕。

 

 

 

 

 

 

 

 


そうです、僕はポンコツなんです!
人の話?聞いてません!興味ありません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案件と和んでからさっき聞いたはずの名前を必死に思い出すのは朝飯前。

 

 

 

 

 

 

 


僕は声を大にして言いたいです!
男の乳首は何の為に神様が残してくださったんですか?!
そうです、女の子につねってもらうためですよ!
それ以外、使い道あるんですか?!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のプチ遠征は僕のポンコツ具合が際立ってます!
それではご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、だいぶつさんが古都ストで交流されたというブルーノさん。

 

 

 

 

 

 

 


彼からはまた是非古都へお越しの際はお声がけを。と温かい言葉を頂戴したそうで、我々はオルガスターズのメンバー全員で近々古都にプチ遠征行ってみたいねと。行けたらいいねと、そう思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日はすぐに訪れた。笑

 

 

 

 

 

 

我々オルガスターズはラビットくんを加え、古都クラスタの方々の(熱烈な?)歓迎を受け、すーぐ古都へ向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回迎えていただきましたのは、
ブルーノさん、ウエストさん、えびぞー兄さん、ナッパさん、そして後から顔出していただいた雑食のぺらおってぃさん!
ありがとーございます\(^o^)/

 

 f:id:clubleon:20161010211632j:image

 

 

 

 

 

 

まぁ、安定のポンコツで僕遅刻したんで最初の乾杯おらんかったですけど...

 

 

 

 

 

 


そして、迎えてもらう立場が初めてでもともとのコミュ障により地蔵する。

 

 

 

 


でも京都クラスタのみなさんトークがキレッキレ!
人見知ってた僕の食いつきは皆さんのトークでどんどん上げられていく...笑
ほんと飲み会してるだけでめっちゃ勉強なりました!

 

 

 

 

 

 

f:id:clubleon:20161010211655j:image


ブルーノさんは想像よりもテンション高めで大阪のクラスタより関西人!って感じでした(^^)
顔立ち、髪型、服装に至るまで清潔感がハンパなかったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:clubleon:20161010211713j:image


ウエストさんは京都クラスタの濃い面子の中で唯一クセのない方で、あまり喋れなかったんですが余計に印象に残りました笑

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:clubleon:20161010211725j:image


えびぞー兄さんは一目見て、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この人めっちゃチンコでかそう。


って思いましたwwww

 

 

 

 

 


初対面でいきなり、初めまして、チンコでかそうですね!
って言うのもアレやしと思ってたらその後の話題でほんまにチンコでかいっていう話題になって笑いましたww

 

 

 

 

 

 

 


顔から滲み出る性。
僕も案件に性に意識させるにはえびぞー兄さんみたいなギラギラしたオーラ出さなあかんなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:clubleon:20161010211823j:image

 

 

そしてナッパさん。
僕が関西に帰ってきて片っ端から有名なナンパ師さんをフォローさせてもらった時から存じ上げている有名人。

 

 

 

 

 

 

 


個人的に声かけてもらって、後述しますがその後も特に僕に気にかけてもらって光栄でしたm(_ _)m
また是非コンビで出させてもらいたいです!

 

 

 

 

 

 

f:id:clubleon:20161010211844j:image


そしてぺらさん、後から来て完全に場の雰囲気を一気に持って行かれました(*_*)
芸人バリのレスポンスに、びっくりするくらいのテキトーーーーク!!
食だけじゃなくてトークも雑でした(失礼)

 

 

 

 

 

 

 

そのトーク力あってこそですが、メンテが苦手な僕の質問攻めに丁寧にコツを教えていただきましたm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 


彼は一次会解散後予定があるのでと離脱され、我々が箱に向かう途中「あれぺらさんじゃね?」と道路の反対側から見つけてあれよあれよと女性とホテル街に消えて行かれました笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何はともあれ一次会はあっという間に過ぎる\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 


そしていざ今夜の戦場、狐箱へ初めていーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


の前に、既に一次会で快調に飛ばしていた僕は道すがら叫んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


レオン「酒が足りない。誰か、はよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 


オルガスターズの面々、ポンコツ化するので中に入ってからにせえとたしなめる。

 

 

 

 

 

 

 


でもナッパさんが付き合ってくれてコンビニで濃い目のハイボールで追い打ち\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 


ナッパさんに色々僕のターゲッティングと外見のギャップとかご指摘いただき、俄然やる気に!!!
ほんとありがたいです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして改めまして狐箱へ。

 

 

 

 

 

 

 

 


あっという間に我々の後ろには長蛇の列が。

 

 

 

 

 

 

 

 


中に入ってみると、思ったより大きくないな、という印象。
間取りや雰囲気は、麒麟や梟箱に似てるかな?
客層は子鹿の小童感を少しマイルドにした感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


※ここからは既にベロベロになり既にポンコツ総長の本領発揮なので断片的な記憶と案件や皆さんの後日談による記憶の擦り合わせになりますのでご了承ください

 

 

 

 

 

 

 

 

まずみんなで誓いの盃、テキーラで乾杯。

 

 

 

 

 

 

 


それぞれ三々五々、いざナンパに打って出る。

 

 

 

 


僕は、まずギンガメちゃんと品質パトロールに出た。(気がする)

 

 

 

 

 

いっぱいガンシカされた。(気がする)

 

 

 

 


男友達と来てる案件に、友達カッコ悪いから俺とあそぼーぜ!って声かけて男友達にめっちゃ怒られた(気がする)

 

 

 

 


テキーラ限定でドリンクフックして逆3バーカン連れ出しもした。(気がする)

 

 

 

 

 

 

 

 


〜並んでる最中〜

レオン「テキーラでええな?」

A「私、カシオレー!」

B「私もー!」

レオン「おっけーい☆」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま人混みに紛れて放流。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいぶつさんとコンビのタイミングもあった。

 

だいぶつさん「あの2人行きましょうか」

(おっ、右がかわええな)

レオン「おけです。僕右でいいですか?」

だいぶつさん「いや、僕右がいいっす」

レオン「ぐぬぬ...」

もしやと思い右の案件の胸元に目をやる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:clubleon:20161010212144j:image

 

さようでございますか...(´-`).。oO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、相方の相手せずに離脱wwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてシザ氏から話しかけられる。

 

シザ「レオンたんあの子好きやろ?」

 

レオン「おぉ!あれはタイプすわ!」

 

 

 

レオン子 スト4 丸め 好み


シザ子 もはや記憶に非ず

 

 

 


そこから声かけ。オープナー。和み等一切記憶にございませんので、シザ氏の後日のハイライトをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:clubleon:20161010213035j:image

f:id:clubleon:20161010213043p:image

f:id:clubleon:20161010213054p:image

f:id:clubleon:20161010213109p:image

f:id:clubleon:20161010222532p:image

f:id:clubleon:20161010213121p:image

f:id:clubleon:20161010213128p:image

f:id:clubleon:20161010213205p:image

 

 

 

 

うーん、何にも覚えてないwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局シザ氏と2:2でカラオケ連れ出し。
入室時点でセパ→ギラ→場所グダ→LHで即。

 

 

 

 

 

 

 

 

カラオケ全く店員の話聞いてなくて1時間で出たのにフリータイムでアルコール付きを選択していた模様で想定の10倍の請求される...

 

 

 

 

 

そして何の疑いもなく支払うポンコツ...

 

 

 

 

 

カラオケ即でリーズナブルに即りたかったのに余計に高くついてしまった(*_*)

 

 

 

 

 

LH前で友達グダあったけど華麗にスルーし先に入店。
ついてくるレオン子。

 

 

 

 


もうレオンの狙撃銃はピクリとも反応せず\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

一旦寝て...

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:clubleon:20161010215708j:image

 

レオン「ほら、乳首をつねって!」

 

レオン子「きもーいww変人やんww」

 

レオン「その発言もご褒美デース!」

 

レオン子「めっちゃ固くなっててワロタ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レオン「おらいくでー!乳首そのままやぞー!」

 

レオン子「アンアンアンアーーーン!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝方2回そーーーく!!!!!
色白ぽっちゃり体型サイコー!!!!!

 

 

 

 


そして昼に出て一緒にラーメン食べに行って買い物に付き合って鴨川でまったりとして解散。
地方出身者はやっぱええ子。

 

 

 

 

 

 

 

 


ってな感じで泥酔しつつもプチ遠征は無事に即れました\(^o^)/

 

 

 

 

 

 


結局せっかく京都クラスタの方とお会いする機会いただいたにもかかわらず京都の人と一切ナンパしてない...笑

 

 

 

 


こんなポンコツですがまた今度是非コンビさせてください\(^o^)/
京都クラスタのみなさんありがとうございました!

三度の飯よりギャル!

忘れる前に書いとこう。

 

 

 

 

 

この日僕は某県某所にいた。

 

 

 

 


学生時代の友人の結婚式に出席する為。

 

 

 

 


仲睦まじい2人の晴れ舞台に親族レベルで泣いた。
挙式の初めに新婦と父が腕組んで入ってくる時点でお父さんの心情を慮るともう、ね。
式開始1分で涙腺にくる僕はすっかり歳をとってしまった。

 

 

 

 

 

結婚かぁ...

 f:id:clubleon:20161002204734j:image

 

 

 


今の僕には最も縁遠い二文字。

 

 

 

 


いずれは、と思う。
でも今じゃない。
今はただより多くの女性を知りたい。

 

 

 

 

 

披露宴、二次会と順調に進行し、昼から飲んですっかり出来あがった僕。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても...
2次会とかワンチャンあるおもてた...
あわよくばトイレ即とかあるんちゃうかなて...

 

 

 

 

 

 


地蔵した、うん。

 

 

 

 

 

 

 

おっけーいムラムラする

 

 

 

 

 

 

やっぱ今日出よう!

 

 

 

 

 


ギンガメ確保。
準備は整った。
今宵はスーツでナンパ。
ギンガメちゃんも最近スーツ推し。

 

 

 

 


まず騎士いーん

 

 

 

 

 


圧倒的男祭り

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

 


お!これがスーツの力か!
次から次へと目ビームが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こない。笑

 

うん、世の中そんなに甘くない。

 

 

 

 


ただ、

 

 

 

 

 

 

中で会ったシザさんと1人の女の子に聞いてみた。
「どっちがイケメン?」

 

 

 

 

 

 

「こっちの人!」
と僕に指をさす。

 

 

 

 

 

えええ?!
マジかー!!!!!!!!
イケメンチートナンパ師よりイケメンとか間違いなく今日騎士で一番僕が男前やろ!!

 

 

 

 

 

 


浮かれてさらに掘り下げる僕。

「いぇーいありがと☆こっちの人より俺のがイケメンなんやな?\(^o^)/」

 

 

 

 

 

 

 

 


「うん!顔から下だけ!」

 

 

 

 

 


おーいそれスーツが好きなだけやないかーい

 

 

 

 

 

恐るべし、スーツの力。

 

 

 

 

 

その後またギンガメちゃんとコンビするも一向にモチベ上がらず。
時折地蔵しながらぐるぐるして決定打に欠ける。

 

 

 

 


シザさんはピコさんとコンビでいんしてガンガンDKしてる。
なんやこれ、流れ作業のようにとっかえひっかえDKしていく。

 

 

 

 

 

 

イケメンのナンパは参考にならねぇ!
なんやあれは!AKBの握手会かよ!
シザのチュー会やん!面白くねぇ!

 

f:id:clubleon:20161002205431j:image 

 

 


いかん、かたや自分は朝方ずんどうやでラーメン食べてるイメージしか浮かばない。

 

 

 

 

 

 

 

このままじゃあかんぞ。
切り替えなあかんぞ。
あかんあかんあかん。

 

 

 

 

 

 

 


その時ふと、騎士に並んでる時のギンガメちゃんの発言を思い出した。

 

 

 

 

 

 


ギンガメ「レオンたん、今日は爺いく前提やで」

レオン「いや、騎士で即れるなら即ろうや笑」

ギンガメ「ダメ、時代は爺やでレオンたん」

レオン「(それブームじゃなくてマイブームやろ...)」

 

 

 

 

 

あぁそうか。
彼は爺に行きたいから騎士では全然声かけずにやる気がないんやな。
そうかそうか。

 

 

 

 

 

 

レオン「ギンガメちゃん、爺いくでそろそろ」

 

 

 

 


コンビで爺いん

 

 

 

 

 


さぁきたよ、昼から飲んでるから気分は最高にハイ。

 

 

 

 


レオン「とりあえず踊ろう。テンション上げよう。」

ギンガメ「りょ」

 

 

 

 


と、その前にまず喫煙所に。

 

 

 

 


ギャル二人組がショボい男達にナンパされてた。
かなり強引に。

 

 

 

 


男達は2人で片方のギャルに声かけしてた。
もう片方のギャルに話しかける。

レオン「このお兄さん達、友達?」

ギャルA「ううん、さっきからしつこくて鬱陶しいねん。」

レオン「うーん、そっか。」

そう言ったタイミングで男の片方が僕が喋ってたギャルにも声かけ。

 

 

 

 


レオン「ほら、こっちおいで。」

ギャルを剥がして逆サイドに。

レオン「ここにおって。もう1人連れてくるから。」


男2人からもう片方のギャルを引き抜く。

 

 

 

 


ギャル二人組「お兄さんありがとー!」

 

 

 

 

 


まぁ、特にその後何もないんやけど。笑

 

 

 

 

そんなこんなもありつつ、フロアへ。

 

 

 

 

 

フロアの後ろの角のちょい空いてるスペースへ。
この日はすごい気持ちよくてめっちゃノれてた。

 

 

 

 


ギャル子C ギャル スト5 金髪
ギャル子D ギャル スト5 金髪

 

 

 

 


後ろのVIPの柵によりかかるギャル二人組。
目ビームある気がする。
僕が踊ったり、軽快に通行人を避けるのを見てめっちゃわろてる。気がする。

 

 

 

 

 

ギンガメ「レオンたん、そろそろ回ろうや」

レオン「待って。後ろのギャル刺さってる気がするからもうちょい粘らせて」

 

 

 

 

 

ちょいちょい目があう。

 

 

 

 


ミリオンダラースマイル。
微笑み返してくれる。

 

 

 

 


でも、なんかもうほんと気持ちよかったからそのまま踊った。

 

 

 

 


ギンガメちゃんが話しかけられた。
そのあと、僕にも。

 

 

 

 

ギャル二人組「お兄さん、◯◯に似てますよね!そっくり!(°_°)」
※その時知らない人やったけど調べてみたら似すぎてびっくりしたから伏せます笑

 

 

 

 


逆ナンオープン。
そこからすぐに待ってましたとばかりにドリンクフックせず、しばらくまた踊る。

 

 

 

 

 

そこからバーカン連れ出し。
そのあとのトークも共通点多く見出して2人いっぺんにぐいぐい食いつきあがる。

 

 

 

 


この時僕は思った。

 

 

 

 

 

2人いっぺんに食いつき上がったことなかったからどうしたらいいかわからんぞ...

 

 

 

 

 

脳裏に浮かぶ彼の顔...

 

 f:id:clubleon:20161002204437j:image

 

 

 

ジジイよ...
あなたはいつもこの葛藤があるのですね...

 

 

 

 

 

 

 

コンビ下手とか食いつき全部持ってくとか、散々言うたけど結局こういう時どうしたらいいかわからん。

 いつもごめんねシザさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁこの日コンビしてらしたピコさんもこのように仰っておりますが。笑

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、どちらにしても始発まであまり時間がない。
ここから連れ出しのタイミング探るしかない。

 

 

 

 


再びフロアへ。
担当はCに決めた。
Dをギンガメちゃんに託す。

 

 

 

 


4人でお立ちの前へ。
ボディタッチも問題ない。

 

 

 

 


タバコ吸いたいでセパ。
ギンガメと相方を置いて上へ。

 

 

 

 


左から回り、喫煙所へ。

 

 

 

 


そして反対側から見たくない人影が。

 

 

 

 

 f:id:clubleon:20161002205615j:image

なぜここにいる...ギンガメよ...

 

 

 

 


ギンガメ「すまん放流した」

レオン「仕上げるわ」

 

 

 

 


喫煙スペースいん。

 

 

 

 


別のギャル二人組に話しかけられた。
さっき助けた鶴、じゃなかった、ギャル。

 

 

 

 


火貸してあげる。

 

 

 

 


ギャルAB「お兄さん、さっきはありがと!その子頑張ってね\(^o^)/」

 

 

 

 


ギャルC「誰?さっきの子ら。」

(あっ、やべぇ...)

 

レオン「え?いや、さっき助けた鶴...じゃなかった、ギャルでかくかくしかじか」

 

ギャルC「えー!お兄さんやさしー!やっぱ紳士やね!」

 

 

 

 


さっき紳士やねお兄さんのくだりもあってか、逆にまた食いつきあがる。助かった。

 

 

 

 


そっから案件トイレ行きたいではぐれんように番ゲだけして一旦放流。
ここでいつも番ゲせんくてそのまま会えずじまいがよくあるからここも成長したな。

 

 

 

 

 

が、結局鬼混んでるやらなんやらでなかなか帰ってこず。
もう始発は出てる。

 

 

 

 


やっと帰ってきた。

 

 

 

 


D子と2人で。笑

 

 

 

 


C子「ごめん、相方明日朝から予定あるから帰るね(´・_・`)」

 

 

 

 

 

負け。即れたやろ、間違いなく。

 

 

 

 

 

結局そのあともう体力の限界で箱あうと。

レムさんとご挨拶さしてもらい3人で坊主飯して終了。

 

 

 

 


来週直家お泊まりアポ入ったけど、もったいないなぁ(*_*)

 

 

 

 

 

まぁ負けたし、勝てた試合運びやのに所々で選択ミスしたからそのへんは反省。

 

 

 

 


ただ今回は今までの自分のやり方とは違うアプローチで案件の食いつきを上げられたのは自分のナンパの幅が拡がったのでそれはよかった。

 

 

 

 


・スーツで闘えたこと
・苦手なギャルから食いつきあったこと
・いつもあまりテンション高くないけど自分が楽しむことで食いつきを上げられたこと
・すぐに言い寄らずに逆ナンさせるまで案件の食いつきを持っていけたこと
・ダブルで食いつき持っていけた
・いつもDKとかメインで食いつき上げるのに箱内でノーギラで仕上げられたこと

 

 

 

 

 

もっとできる。
もっともっと。
引き出し多いナンパ師になりたい。
以上坊主なのにただのマスターベーションのエントリーでした。

オルガスターズ企画 第3回 ナンパ師飲み会&シャッフルコンビ 〜後編〜


飲み会終わりに麒麟箱へ移動したレオン&ペルシーチーム。

着々と和んでいる他のチームのナンパ師を横目に決定打に欠ける我々。

このまま今宵も坊主で終わるのか。

ナンパ企画、後半です。











まだ慌てるような時間じゃない。

気持ちを切り替えて箱内ウロウロしてたら、さっきのハワイ案件のペルシー担当が1人でキョロキョロしてるの発見。










(こっから全部英語)


レオン「あ、さっきの。」


ペル子「レオ子とはぐれたの。」


レオン「そっか、それは困ったね。でも箱内のどこかにはいるはずやから、せっかくやし前で一緒に踊りながら待とうよ。」










フロア連れ出し。

お国柄なのか、さっきほとんど絡んでなかったけどボディータッチはめちゃくちゃ多い。

ほんで映画でよく見るケツこすりつけてくるやーつ。










レオン「喉かわいたから飲みに行こう」


バーカン連れ出し。










今は日本に住んでるけど、今日はハワイから遊びにきた友達と近くに宿を取ってるとのこと。ヨネスケは無理。










住んでるとことか共通点あって、英語でナンパしてきたやつおらんかったとのことで、なかなか食いつきが上がってくる。










レオン「出よう。もっと君のことが知りたい。」


ペル子「ダメ。友達を残して出れないわ。」


レオン「もちろんまたこの箱に戻ってくるよ。1時間だけ時間をくれ。ゆっくり君と話したいんだよ」


ペル子「ほんとに?」


レオン「もちろん、さぁ、友達を探しにいこう。自分で説明できるよね?」


ペル子「わかったわ。」










友達発見。

さっきのレオ子と、陽気な男のハワイアンもおるやないかーい









レオ子、めっちゃ怒る。

めっちゃ罵られて、さすがに早口すぎて聞き取れず。











宥める陽気なハワイアン。










僕は流暢な英語は話せないので、なんて言えばいいのか、拙い自分の英語力を恨む。










自分の無力さに立ち竦んでたら、ペル子がレオ子を上回るトーンで弾丸英語トーク。

何もわからず見てるだけの僕。









ひとしきり話した後、僕の手を引いて入り口に向かうペル子。



レオン「ねぇ、友達はいいの?」


ペル子「いいのよ。だって、1時間、お話するだけなんでしょう?あの子達ったらあなたに変なことされると思い込んでるのよ」










おっと、まだ勝ちは確定してなかったみたいやね...笑










BAR挟んで、チャラいグダ崩して、また会いたいから今日抱きたい、約束通り友達のところへは帰す。

臆面もなく口説き続けた。自分の持てる全ての英語力で。











1時間はとうに過ぎた。

時間切れかな、送ろう。。。

負けだわ、今日も。










BARを出る。

宿泊してるという宿の方へ歩き出す。










いや、これでいいのか?

自分が音頭取った企画で、ここで諦めていいのか?

譲ってくれたペルシーは?

今ソロで爺で闘ってる。

やっぱりこのままじゃ終われない。











レオン「待って」


ペル子「なに?」


レオン「まだ君を帰すわけにいかない」


ペル子「どういうこと?」


レオン「ブルースリーも言ってた。Don't think, feel.ってね。笑」


ペル子「そうね笑 私、またあなたと会いたいわ。」


レオン「僕もだよ。」


くせぇセリフしか思い浮かばねーー!

もう、これ以上英語で口説けねーよ!

ええい、言葉なんていらねぇー!!










渾身のDK!!

なんとなく欧米っぽいの意識して!!!

ケツもみしだきながら!!

ノーグダ!!










LHいーーーーーん!!!!!!











SEXに言葉はいらねぇー!!!

シーハー言って喘いどけー!!!!

要るのはパンパンパンパーンの効果音だけやー!!!!!











思っきり日本人と同じ体やったけどアメリカ人そーく!

ドイツ人以来の国際試合やー!










今回の勝因は終始英語だったので小手先のグダ崩しが通用せず(というか英語じゃそんな言い回しが思いつかない)、下手に回りくどい言い方せずにボディタッチやストレートに気持ちを伝えたことが功を奏したのかなと。












全く意思疎通できないなら論外で、そこそこ英語話せたのはアドバンテージやったけど、少ないボキャブラリーで必死さが伝わったのは日本人相手に日本語で口説く時だってこういう攻め方の方が合う相手もいるんじゃないかなと。












でも僕は相手が誰であろうと「ホテルに行こう」と箱内できっちり伝えてコンセンサス取れるまで連れ出ししないし(LHインしてからの挿入グダは僕ケチやから絶対いや)、最後の最後はやっぱり直情に訴えるべきやなと。











まぁ偉そうに言うてますが、案件は行為後、淡白にホテルに帰っていかれました。










そしてLINEを見ると、即報の嵐。

僕も、爺に駆けつけてペルシーともっかい合流して2即目狙いにいかないとな。










さぁ、シャワー浴びるか...











ドクン...










あっ










ごめんペルちゃん











僕はもうここまでみたいだわ...












そのままベッドで力尽きる。











そのまま朝になってしまい、結果発表の飲み会に遅れる。

というより、自由参加やからいかなくていいと思っててひこまるさんに怒られる。笑









予定ある人以外はみんなきてた笑

テキトーな幹事でさーせん。









なんか結果発表も終わってたしみんな疲れてるし宴もたけなわ感がごいごいすー









改めてペルシーにごめぇん言うたら、

「まぁレオンさんが即ってくれたんやったらそれでええすよ!即れんかったらゆるしませんでしたけどね!」

と謎の上から目線。

疲れてて突っ込む気力すら起きず。












結果

 

A だいぶつ      0即

  まりおすけ     1即

           計1点

 

B ニーケ       0即

  徘ゴミ(レオ)   0即

           計0点

 

C リオ        1即

  アーム       1即

  それぞれ別で即なので2点

 

D 一翔        0即(時間外に1即)

  ボヤッキー     1即

           計1点

 

E ラビット      1即

  ひこまる      1即

  コンビ即で+1点の計3点

 

F 大二郎       1即

  ギンガメ      1即

  コンビ即で+1点の計3点

 

G レオン       1即

  ペルシー      0即

           計1点

 

 

 

 

 

EチームとFチームの同率1位!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝はじゃんけんでひこまる&ラビット君に決定!(したらしい)

 オルガスターズのみんな誰もひこまるさんとコンビ即してないのにラビットくんすごいね!

 ひこまるさん僕らとナンパする時も真面目にやってくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私事ですが、坊主ツイートこそしてへんかったけどここ最近まともに即れてなかったし、こないだ福岡遠征の時にゲットした案件が大阪遊びにきてくれたからおかわりしたらオルガスターズのみんなに紅の豚おかわりとディスられ笑 

意気消沈やったけど今回はほんとにほどよい緊張感でナンパできたことが何よりの収穫でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

やっぱり最近はウイングの人が固定になってきたしましてや完ソロも久しくしてないしなぁなぁになってしまってたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生の人と出てもやりづらいと感じたり、タイミングが重要だからという言い訳に声かけビビってたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんなスト低案件、声なんてかけれんわ。と顔グダのせいにしてみたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それもこれも全部言い訳でしかなくて、もっと自分自身に厳しくいかないとなぁと今回の企画で身につまされた思いです。

自分で企画しといて、自分が一番はっとさせられた日になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 余談ですが、後日の出撃で初の1日2即も達成でき、これはひとえにこの企画で初心にかえることができたからだと思います。











そして、ほぼ全員初対面という人も中にはいたけど、それでも飲んで楽しく語ってみんな仲良くなれたこと、参加してよかったと言ってくれたこと。ほんとにありがたいことです。

これだけでもやってよかったです。

僕はナンパ企画を発信するような人間ではないのですが、参加者にとって何か意味があったならそれでいいです。










まぁポンコツ総長の僕はひこまるさんがグイグイ行ってくれるからなんもしてませんけど。

 








またいつかやりたいと思ってる企画があるので、その時は是非またよろしくおねがいしまーす\(^o^)/

オルガスターズ企画 第3回 ナンパ師飲み会&シャッフルコンビ 〜前編〜

9月某日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逸る気持ちを抑えながら僕はまたM街へと降り立った。

今日はいつもの出撃とは違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかオルガスターズで面白いこと企画できへんかな。

きっかけはそんな些細なことからやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビ縛りでナンパしたらどうやろう。

話はとんとん拍子に進んでいた。

かくして僕らがおもいついたナンパ企画はすぐに実行に移された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今夜のお題はこれ。

 シャッフルコンビ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバーは僕らオルガスターズの誰かが曲がりなりにもつながりがある人に声かけさせてもらった。

みんな二つ返事で参加してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総勢14名のナンパ師の全7組。

メンバーはだいぶつ・まりおすけ・ニーケ・徘徊する粗大ゴミ(レオ)・リオデジャネーダロ・アーム・一翔・ボヤッキー・ラビット・ひこまる・桜庭大二郎・ギンガメ・レオン・ペルシー

※敬称略。後述との兼ね合いで順に表記させてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のナンパ企画の概要はこう。

 

 

 

 

 

 

 




飲み会→ナンパ→朝居酒屋に再度集合







〜ルール〜

・全7組のチーム戦

・一次会にてクジでランダムにこの日のウイングを決定。

・ウイング以外とのコンビ禁止

・誰とコンビになっても文句無し(文句のある奴はひこまるまで)

大阪市内なら場所はどこでもOK

・ネトナン禁止(読者即はあり)

・冠婚葬祭以外のキャンセルはひこまるが許しません

・1即1ポイント

・コンビ即の場合ボーナスポイント+1、なのでチームとしては+3

・アオカン+1

・乱+1なのでチームとしては+5

・Gカップ以上+1

・同点の場合ジャンケン

・優勝者のコンビにはそれぞれにオルガスター一本ずつプレゼント!!!











ひこまるさんのクセが散りばめられたルール、、、

同率一位ならジャンケンってとこが僕らの企画っぽいね、、、










乱なら+5って最後までどういう計算なのかよくわからんかった(^ν^)










優勝商品はチームの象徴オルガスター

(用意してくれたシザ氏の仕事グダにより後日贈呈)

f:id:clubleon:20160921233056j:plain

欲しい!

チームの象徴やのに持ってないし。










そしてM街某所にて顔合わせ!

僕は初めましての人が何人か...











まず彼。

f:id:clubleon:20160921233113j:plain


徘徊する粗大ゴミくん(レオくん)

なんちゅう名前やww

なんか理由あってのことらしいけど呼びづらいから早くレオくんに戻してほしい。笑










アイコンみたいなかわいらしい青年でほんとにれすれす言ってそうやった。











ほんでアームくん。

f:id:clubleon:20160921233127j:plain

彼はアイコンの福くんとは似ても似つかぬワイルド系ナンパ師さんでした。










いかにもナンパしてそうやった。笑

むしろ、僕もいかにもナンパしてそうな、この人についてったらエロいこと起きるんじゃないかと思わせられるようなオーラ出していきたいなと思った。









そしてラビットくん。

f:id:clubleon:20160921233141j:plain


オルガスターズの自由人、ひこまるさんとコンビ即してたので一体どんなクセのない人が来るのかと思ったら、それはそれはフレキシブルに対応してくれそうな人がきたよ。

きっとコンビやりやすいんやろうなと。










そしてリオデジャネーダロさん。

f:id:clubleon:20160921233200j:plain

ネーミングから溢れ出る変わり者感!

ひこまるさん達とは合流したことがあって僕も一度挨拶させてもらいたかった人。










ウワサ通りのイケメンやったけど僕が思ったより悪いことしてそうな人でびっくり笑










その他のメンツは既に一緒に出撃したことのある方々なので割愛m(_ _)m










そして顔合わせもそこそこに乾杯!









14人も集まると壮観...!!

ついつい酒も進む。











徘徊する粗大ゴミくんには開口一番「あなたがレオンさんですね!いつも泥酔する人ですよね?」と言われる始末。。。









今日はウイングに迷惑かかるからドクン...は絶対ならへんようにしないと(´-`).。oO









そして飲み会も終盤に差し掛かり今日のウイングを決める運命のあみだくじ!







せっかくやからオルガスターズ以外の人と組めますように!


スト苦手やからストメインの人とはなるべくなりませんように...


騎士を年齢グダで入れん人とも一緒になりませんように...











結果はこうなりました!

f:id:clubleon:20160921233237j:plain

ひこまるさんに字汚い言われたけど改めてみたらもうこれだいぶ酔ってるねぇ。

ゴミとか失礼すぎる











僕のウイングは・・・

 f:id:clubleon:20160921233221j:plain

自称理論派ナンパ師!

即というゴールに向かって駆け上がる彼の勢いは誰にも真似できない!

誰も彼のことを1ミリも理論派とは思っていない。

ナンパ界のファンタジスタ、ペルシー!!!!!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は最初から飲み会に参加してくれているのでよく知ってる。

ギャル狩りの時もド清楚に声かけるし発言はギンガメちゃんが霞むくらい雑。

愛すべきアホなのである。










そして何より理論派を標榜する彼のツイートは140字を目一杯使って語るけど全く意味がわからない。

愛すべきアホなのである。








 

 

いかん、恐れていた騎士箱年齢グダのウイングに当たってもうた...

しかも理論もクソもないくらい発言がアホなペルシーやないか...

どうしよう...即への道筋描けないぞ...

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

レオン「ペルシー!作戦会議や!」

 

ペルシー「そうですね!」

 

まず1時までは麒麟でブーメラン前提に件数ガンガン行って、次の箱でうんたらかんたら...

放流のサインはこれでオープンはこうしてああして...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひこまるさん「ちょ、そこのチームめっちゃ作戦練るやんwww」

 

レオン&ペルシー「だって僕ら、理論派ですから!!!!」

 

ひこまるさん「ポンコツとアホの間違いやろ」

 

レオン「ぐっふぅwwwwwwwww(間違いない...)」

 

ペルシー「レオンさん!やったりましょうよ!」

 

レオン「せやな!(あー酔ってきた)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間になり、みんなで店の外へ。

f:id:clubleon:20160921233309j:plain

 さぁ、ゲームのはじまりだ。







それぞれのペアは今夜の主戦場へと歩き出していく。


レオン「よし、ペルシー、まずは麒麟箱や」


そう言って5秒。

彼は前から歩く2人案件に声をかけていた。

慌ててアシストに入る。








塩対応やった。

けど、ありがたい。

今夜のウイングは僕にないものを持ってる。










彼の考えるより先に行動するテンポ、絶対吸収して帰ろう。










麒麟についた。

長蛇の列の最後尾につく。










まずはブーメランをばら撒いて次の箱に移動する手筈。









麒麟いん











まずロッカーに荷物を入れる。



ペルシー「あれっ、金入れたのに鍵が閉まんねぇっす」


レオン「ほんまやなぁ」


ペルシー「店員呼んできます」




300円返してもらって、隣のロッカーに300円イン!



レオン「ほら、こっちなら閉まるやろ」


ガチャッ









ペルシー「ちょ、レオンさん!!!」


レオン「なになに??」


ペルシー「まだカバン入れてないっすよー!!!!」


レオン「あっれー??wwww」


ペルシー「もう酔ってるやないすか...」


レオン「大丈夫!今日は大丈夫やから!(多分今日は最後までもたへんな...)」









先が思いやられるペア。








 でも他のペアも何組か麒麟に入ってる。

スタートダッシュが肝心や!こうしちゃおれん!










そうは言っても僕らは全チームいちの理論派コンビ。

まずはサージング。

f:id:clubleon:20160921233350j:plain











ぐるっとメインフロアを一周。

かわいい子、多いな。

いや、別に今日は即にコミットやんね。










ペルシー「僕、今からすれ違う案件全部声かけていきますわ!」


レオン「イイネ.」










さっき自分で言うてたけど、ペルシー勢いで突っ込んでいくけどそっからトークが続かんww









グダられ続ける我々。









そうこうしてる間にバーカンで和んでる、アームくんとリオさんコンビとすれ違う。










隣には大二郎くんがソロで案件と和んでいる。。。









はぇーよ。。。











そのあとペルシーが声をかけた案件がオープン。

すかさずアシスト入る。









ペル子 ペル値5.5 

レオ子 ペル値7

(ペルシーの感覚です)









なんか、2人ともカタコト...

しかも案件同士喋ってるの全然聞こえんし...









見た目日本人やのにおかしいなぁと思ったら日系アメリカ人でハワイ出身でした(・_・;









レオ子はそこそこ日本語わかる模様。

ペル子はわからんみたいで、レオ子に毎回僕らが話すことを通訳してもらってた。








そこそこ和んだが、決定打なく時間かかりそうやから放流。











そっからしばらく苦戦。

上のフロア行ったりきたり。








再び下のフロアに戻った時、最初にサージングした時にアモッグできそうやなーと思ってた案件が同じ位置で別の男と和んでた。









目ビームある。


目ビーム送り返す。


目を逸らさない。


ニコッとしてみる。


案件も、野生の肩越しに微笑み返してくれる。











アモッグのタイミング伺ってたら、野生が離れてくれたので、すかさず声かけ。










韓国子 スト4 韓国っぽい化粧



レオン「目、合ってたよね?」


韓国子「うん笑 韓国人かなぁと思って」


レオン「もしかして、君も?」


韓国子「ううん、私はK-popが好きなだけ。日本に来て何年なの?」


レオン「2◯年かな。」


韓国子「え、お兄さん何歳?」


レオン「2◯歳かな。」


韓国子「お兄さん韓国の人じゃないやん!笑」


レオン「いつ韓国人って言うたっけ?」


韓国子「もう!笑」











反応は悪くない。

K-pop好きにはオープン楽。











ルーティーン使って、バーカン連れ出しもイージー。










箱内DKも形式グダでクリア。









でも、それまで。










酔っててあんまり覚えてないけどなんか次の箱行くかなんかで逆放流番ゲのみ。











今の決めきらんとこが実力のなさやなぁ。

いつの間にかペルシーとはぐれたし...










そうこうしてるうちに、今夜のグループラインに即報が。


f:id:clubleon:20160921233449j:plain


大二郎くん、即!

はぇーよ。。。









さすが背広魅了師会からの刺客。

最近ノッてるギンガメちゃんとコンビ即。










一気に緊張感が増す。

あぁ、今の僕に足りないのはこの感覚やな。

いつもこれくらい切羽詰まってナンパしろよ。

覚えとこう、この緊張感。










でも、

f:id:clubleon:20160921233524j:plain

この感覚も大事。

さぁ、切り替えるよ。











後編へ続く

クラナンにおいてアドバンテージになりうること

レオンです。











今日はショボ腕ながら僕なりに何か共有できることを提供できればなと。
※出撃の記事ではありません










クラナンにおいての立ち回りだとかトークフローだとか、参考になるブログ沢山見てきました。










確固たる実力と実績に裏付けされたそれらは非常に参考になります。










僕はCLUBが好きなだけで凄腕でもなんでもありませんので、僕のノウハウを伝授するだとか、そんなハウツー記事を書く時点で既におこがましい話ですし、僕から「技術」を伝えられることは何もありません。











ただもし、僕が今気をつけてることに対して気をつけていなかったとすれば、それは実力に関わらず参考にしていただけるであろうと、書き綴った次第です。
別に大したことは書いてません。
前置きが長いですね、それではどうぞ。


















みんなの「記憶」

なにかしらのきっかけにふと蘇ることがありますよね。










僕がよく繁華街で人混みを歩く時。
すれ違う女性の髪の匂い、香水、ふわっと流れたきた時。











当時関係をもったあの女の子と同じ匂いやなと、記憶が蘇ることがよくあります。










居酒屋が立ち並ぶ通りを歩く時に、フライヤーの油の匂いがダクトから流れてきて、学生当時バイトしてた店のことを思い出します。











季節の変わり目、冬の匂いを感じた時に、寒い時期に過ごした日のことを思い出します。









BARで隣の人がマルメン吸ってた時、アメスピ吸ってた時、ガラム吸ってた時、オプション吸ってた時、ホープ吸ってた時、僕が吸ってた時のできごとを思い出します。










匂いは僕をノスタルジーな気分にさせて、直接僕の記憶に語りかけてきます。
僕が匂いが好きなのももちろんあると思うけど。










そしてもう1つ。
音。










飲食店の有線から流れてくる懐メロ。

音楽も僕の記憶を呼び覚ます。










この曲を聴いていた当時僕はあの子のことが好きだった。

この曲はあの日旅行に行った道中でよく聞いた曲だった。

この曲はあの日CLUBで女の子を口説いた時に一緒に踊った曲だった。

















人間は、目に頼っている。
人間の情報の大半は目から得ている。
昔、盲目の同級生が声だけで友達全員を把握していたことに驚いたことがある。
彼は目からの情報が遮断されているぶん、他の器官からの情報についてめちゃくちゃ研ぎ澄まされていた。















僕は嗅覚、聴覚を視覚以上に重要視している。
信じていると言っていい。
この2つの情報は自分でさえ曖昧になった記憶を鮮明に呼び起こしてくれる。












記憶を呼び起こすということはつまり、その時の情報として印象に残っていたということ。










嗅覚、聴覚は自分にとっても、あるいは自分を他人に印象づける際にも重要だと思う。











案外、視覚に思い出を想起させられることはあまりない。
僕は景色を懐かしいと思うことはあまりない。
雑多な情報を得るぶん、僕の見た景色なんて曖昧な記憶に過ぎないと思う。










ただ、僕のナンパは主にCLUBです。












聴覚は大事な情報とは思うけど、今回は論点から外れるので割愛させてもらう。










クラナンに特化して言うと、CLUBというフィールドにおいて、我々の聴覚と視覚のほとんどはやかましいBGMと薄暗い照明により奪われている。











もちろんナンパにおいて味覚は役に立たない。
女の子を一人一人舐めて回るわけにはいかない。
触覚だって確認できる頃には相手の反応である程度判断できるだろう。










CLUBで正常に機能する器官なんて嗅覚ぐらいのもの。









クラナンでは嗅覚に訴えるのも1つの手段であると、ないがしろにせずこの角度からも案件を魅了するように振舞ってみてはいかがかと、そんなこと言われるまでもないという方はそっとこの記事を閉じてはいかがかと。











僕は必ず香水をアトマイザーに取り分けてCLUBに持ち込む。
1時間おきに香水をふってると思う。












「匂いが刺さる」ことがある。
まれに。











オープンだってすれ違うだけでできる。
まれに。










僕が苦手なギャルからもすれ違いざまに
「お兄さんめっちゃいいにおーい!」
って逆オープンされることある。
(ギャルこわいから「わぁー(^ν^)」って言うだけやけど)











CLUBという空間では他の器官から得られる情報が少なく、尚且つ常に他人と密接する空間。
普段過ごす以上に嗅覚が占める割合は大きい。










こんな漠然とした自分なりの結論に思い至ったわけですが、関東の某有名ナンパ師さんが僕の感覚を要約した記事を情報サイトに寄稿しておられました。












僕が冒頭に記憶のくだりで嗅覚に対する信頼を綴りましたが、この記事によるとそれってプルースト効果というそうです。
よかった、僕の得た感覚には名前がついてた。










ところで僕はシャネルが好きで3銘柄くらいを服装と気分で使い分けてます。











100mlで1万くらいするけど、そんなに減るもんじゃないのでコスパはそんなに悪くない。
ドリンクフック20回するより香水振りまいて箱内グルグル回るほうがいい。










CLUBにおけるヒエラルキーでは、イケメンと、雰囲気イケメンが限りなく僅差に位置付けられていると思う。
僕は間違いなく後者なのですが。












クラナンは雰囲気でイケメンを演じられる。
ストナンほどオープンは難しくない。
彼女達は、「非日常」を求めてここにやってきてるのだから。
自己開示はオープンの時点では必要ない。
既に話しかける理由付けなんて与えられている。











匂いも1つの武器。
刺さる、もしくは和んでからの食いつきが上がる、あるいは自分は匂いで案件に認識させられている、カッコイイ匂いを発していると、そう思えるだけでも香水をふる意味があると思います。










僕の経験上、女の子からは爽やかなシトラス系の香りがウケがいいように思います。
逆に、ムスクが全面に出てくるような、いわゆる「おっさんくさい」匂いはウケない気がします。










ちなみに、僕は商店街の一角にある香水屋さんよりも、百貨店の一階のハイブランドそれぞれのブースに行くことをオススメします。
男1人でうろつくのは恥ずかしいですが、かわいいチャンネーが対応してくれるし、自分の気に入る匂いがちゃんと見つかると思います。





 




あと、これは女の子にはわかってるかは定かではないですが、香水ほど高いものと安いものの違いが明確にわかるアイテムもないと思います。
匂いってこんなに繊細なんだ!と思うと思います。











何よりも、服装と同じように、自分により自信をもてるような、自分に合ってると思う香水を選ぶのが大事だと思います。

以上、くだらない上から目線ブログでした。

始まりの地・福岡 〜後半〜

福岡遠征2日目。










昨日取りこぼしたド即系案件をリア友が二日酔いでグロッキーの間にサクッと直家で回収。










シザさんとのコンビで完全に心の折れていた僕に一筋の光明。
ド即系とはいえありがとう、自信がついたよ。










やっぱりおデブちゃんは締まりがよくてすっきー\(^o^)/










スッキリして宿に帰るとリア友達も酒が抜けてスッキリしていた。










そして今夜も天神の街で飲む。










特段何もないので割愛。










この日も猫箱in。 










しかし昨日と違うのは、










今日はウイングにギンガメちゃんがいること!










別件で九州にきていたギンガメちゃんと合流し、リア友には怒られつつもナンパスタート。










このところクラスタの人達とばっかりナンパしてたけど、野生の人よりやりやすいことを改めて痛感した。










リア友も別にナンパせんわけではないんやけど、認識作業、声かけ、和み、セパ、ありとあらゆるタイミングでの共通認識があるというのは非常にありがたい。










ただド即系をGETしただけやのに(しかも取りこぼして回収)完全にマインドが復活した僕はこの日テンポよく声かけをしていた。











リア友の前でナンパを見せつけてやりたいという貧しい自己顕示欲も多分に機能していたのではないかと思う。
そう、僕の心は弱い。










そうは言ってもオープンする。
今日はいけそうな気がするで。
なぁギンガメちゃんよ。










しかしギンガメちゃん、到着したばっかりで酒が足りないせいか、あまりノッてない。











と思った時に目の前で野生と和む小柄な女の子からギンガメちゃんに目ビーム。








小柄子 スト5 ニコニコしてる 酔ってる










2:2で和んでいたけど、小柄子の担当の男が少し相方子に寄ったタイミング見てアモッグ。
ギンガメちゃんに目ビームが来てたと思う。










レオン「俺の友達男前やろ?」

小柄子「????」

レオン「(あっれぇー(´-`).。oO)ほら、こいつやで、こいつ」

ギンガメちゃんを認識させる。

小柄子「????」

違う。だとすれば、少しずらして確認してみる。

レオン「ごめん、俺の勘違いやった笑 ところで、このお兄さん達と俺らの4人の中で誰がタイプ?」

小柄子「お兄さん!」










よし、一応正解。
最近は、目ビームをもらえるような振る舞いはもちろんのこと、きた目ビームをしっかり拾うことを心がけてる。
これができないと、なんぼ刺さっても意味がない。










そして僕の悪い癖、刺されば一度放流。笑
今思えばそのままアモッグしてしまえばよかったなと。
箱にinしてから序盤であればあるほど、これをやってしまう。










1時を過ぎたあたりから、まばらだったフロアにも昨日と同様の賑わいが見て取れるように。(但しこの日は上階は解放されていなかった)










声かけの数は伸びるが、決め手に欠ける。
番ゲしても仕方ないので、もっと即系にコミットしていかないと。










それにしても、今日もアツいね、この箱。
ええ、温度がね。外の方が涼しいよ。
ほんと蒸し風呂状態。











急速に体力を消耗し、フロアやや後方中央に設置されているテーブルに背中を預け、タバコに火をつける。










昨日も感じたことやけど、この箱、早い時間からでもけっこう足元が覚束ない女の子が多い。
やはり福岡の女の子は何をとっても素晴らしいね。こんなにへべれけになって僕らを待ってくれているのだから。










とか思ってると、まさにお手本みたいに酔っ払った子が僕の隣に立った。










千鳥足子 スト5 かわいくて真面目そうなのに千鳥足










この子はどうやら1人でいるらしい。
友達は階下にいるのか、はたまた1人で来たのかは定かでないが、少なくとも今近くに友達はいない模様。










男が追うように隣に陣取った。
先を越されていたようだ。
僕と同じくらい背が高く、髪の毛をかきあげ、スーツがよく似合いそうな雰囲気のある男性だった。
オーラがあったけど、ここまで自信のある振る舞いをしているのなら、逆に野生なのかなと思った。知らんけど。











楽しそうに話している。
アモッグは厳しいか。
そう思っている時に、彼女達が隣り合わせる僕の右半身ではなく、反対の左側の腰に誰かの手が添えられるのを感じた。











左に振り返る。誰もいない。
左の腰に目をやる。
その手は、右に立つ千鳥足子が僕の腰に回した手だった。










その男が目を離した隙に話しかける。

レオン「めっちゃ楽しそうやね」

振り返り微笑みかけられる。そして、体が密着するくらいこちらによりかかる。










よし、この子を仕上げて出よう。
そうに思ったその時、少し離れていたさっきの男がものすごい勢いでアモッグしていった。









引き止める暇もない。
彼女も、拒否する暇もない。
彼は僕に威嚇しながら一言も発せずに女の子を奪い去っていった。










華麗すぎた。お見事すぎて。
悔しいよりもすごかった。
この日あの男が1番雰囲気があった。










それからモチベは上がらなかった。
宿に戻る。










何のオチもないけど、福岡2日目終了。










結果       2出撃 0即 1準即










最近自分のショボ腕加減に辟易しててマインドが下がりまくってた中での福岡遠征。











僕のナンパの原点、福岡。
僕がオンリーワン中毒になった女の子との再会。
クラスタの存在を教えてくれた人の再会。
弾丸即狙えたはずなのに、取りこぼした自分の立ち位置の再確認。
ウイングの大切さ。
野生の凄腕に圧倒されたこと。










また大阪戻ってイチからやり直そう。
そう思った遠征でした。
今度は、ナンパするために帰ってくるぞー!