読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜レオンのクラナン日記〜

運命の人と出会うまでCLUBに通い続ける奮闘記

LHN

https://m.youtube.com/watch?v=HXPFyVjhDks

たまにはEDMを。









昨晩某所にて。


「お疲れ様でーす!」

続々と人が集まってくる。
10人近くが集まってくれた。












ひこまるさんとこの日は出撃を予定していた。

出撃の前に少し飲んでからいこう。

いや、それならいっそ飲み会にしよう。

そんなこんなでいきあたりばったりで企画したナンパ師飲み会。












f:id:clubleon:20160628005410p:plain

ナンパの話から大阪の箱事情まで色んな方と意見交換ができてよかった。
突然の誘いにも関わらず参加していただいたひこまるさん、夜遊会裏メンバーB氏、だいぶつさん、おにぎりさん、一翔さん、ブッダさん、ブッダさんご友人、ギンガメくん、ありがとうございました!











そして先日スイッチでコンビしていただいた裏メンバーA氏と合流。
この日の戦場へと移動。










そして乾杯!

f:id:clubleon:20160628005327p:plain













ほどなくして完全に酔っ払いまくってる3人組が。










ギンガメ子 スト3 ベロベロ
ひこまる子 スト6 ベロベロ&かわいい
黒沢子 スト2 ほぼシラフ&森三中黒沢似









ギンガメ君にぶっささって会って数分でチューしてる。笑









ひこまるさんしっかり一番のスト高の横をキープ。










近くにA氏もいたので、僕らがセパってアシストしましょうという話に。









黒沢子をセパって渋々しばらく和む。










早く、早く仕上げてくれ...

f:id:clubleon:20160628005448j:plain













そしていつの間にかこのスト低を僕に任せて消えるA氏。笑










しかししばらくしてひこまるさんが僕らを見つけて近づいてくる。










ひこまるさん「レオン君、俺ら出るわ」












早い!入って30分も経ってない気がする。
さすが。さすが。悟空より早い。











この日も無事に1アシストを決めて黒沢を放流。













のつもりが、










桃鉄キングボンビーかと思うくらいそれ以来僕にピッタリ着いてくる黒沢。。。









なんとかトイレ行くという理由で放流するも箱内ですれ違う度に手を振ってくる黒沢。










やべぇ知り合いやとバレたくない...













幸い、ほんとに充電切れてたので逆番ゲは逆充電グダで回避。











「あかん、他人の幸せを願っている場合ではない。僕もそろそろまともな案件とオープンしないと。」











しばらくしておにぎりさんと合流しコンビ組むことに。










フロア右後方でおにぎりさんが声かけて2人組オープン。










おにぎりさん担当 スト4 バリカタ
レオン担当 スト6 長身スタイル良好









おにぎりさんと担当は自然にフロアの真ん中へ移動しセパ。
僕の担当は佐々木希みたいな透明感のある子やった。



レオン「いいね〜めっちゃ楽しそうやね!」

希子「うん!EDM大好きやねん!」

レオン「そんな感じ伝わってくる!めっちゃダンス下手くそやけど笑」

希子「ちょっとwwやめてよーww」









自然なボディタッチがある。
もう少し攻めてもいいかもしれん。








レオン「よっしゃ、俺がダンス教えたるから任しとき」

希子「ほんとー?やったー*\(^o^)/*」

レオン「ここでこう!こうしてこう!」

希子「なるほど!こう?」

レオン「おっ、おっ!」

希子「イケてる?!イケてる?!」

レオン「めちゃくちゃキモいww」

希子「ちょwwww」

レオン「酒足りてへんのちゃうか、とりあえず飲もう」










フロアから外れて食いつきを上げにかかる。
僕と共通点が多くて一気に距離を縮めることができた。










フロアに戻り、仕上げにかかろうとした頃おにぎりさんと担当子が戻ってきた。
おにぎりさんからダメやったと合図が。
おにぎりさんは離脱。
こっから逆3で闘う。










レオン「なに?俺の友達とアカンかったん?」

おにぎり子「うん、私はいいねんー。友達も心配やし。」

レオン「あっそう。でも残念やけどこっちはいい感じなんよ。ご心配なく*\(^o^)/*」

抱きついてみる。形式グダあるがまんざらでもない様子。
これはセパれば決めれる案件や。
さてどうするか。。。










こっからちょっと僕記憶飛んでるんですが何故かもっかい希子と2人でバーカンにww










案件の属性把握に時間をかけてみる。
恋愛経験少なめ、今年入って別れて傷心してるとのこと。歳下の彼氏で未練はなし。
こっから攻めてみる。













レオン「そっかぁ。就活も大変やったのにそれは気の毒やったね。希子ちゃんは今はどういう人がタイプなの?」

希子「前の人が真面目すぎて嫌やなと思うことがあったから、根は真面目で適度にチャラい人がいいな。」

レオン「適度にチャラいって、例えばこういうCLUBで就活終わったばっかりのうら若き乙女に相談乗るフリしてちょっかい出そうとしてる俺みたいな人という認識でいいのかな?笑」

希子「そうやね笑 レオン君チャラそうやもんね笑」

レオン「でも昼間はまっとうに働いてるよ。他は他は?」

希子「あとは自分より背高い人かな。」

レオン「そっか。希子ちゃんは背高いもんね。もっと教えて」

希子「あとはねー、筋肉!」

レオン「それは意外や笑」

希子「五郎丸みたいな人!」

レオン「適度にチャラい、自分より背が高いときて完全にそれ俺のことやと思ったけど最後は違うな笑」

希子「たしかにレオン君は暑苦しさはカケラもないもんね笑」

レオン「でも俺はある場所の筋肉だけはめっちゃ自信あるで。ここ触ってみ。」
※身バレ怖いので秘密です笑

希子「!!!!!!」












このへんからほぼ仕上がったなと確信。
さっき得た属性を使ってギラへ。












レオン「ところでさ、さっき話にあったけど、希子ちゃんは来年から社会人やしこれからはちょっと大人になりたいなと思ってるんでしょ。だから次は適度にチャラい人をと。」

希子「そう。」

レオン「じゃあ俺と一緒に大人の階段登ってみようか。」

希子「なになに??」

顔を引き寄せる。形式グダ。

レオン「どした?恥ずかしい?」

希子「うん(°_°)」

レオン「じゃあもう1つ教えてあげるね。あそこでチューしてる男女がおるね。周りの人達はあの人達のこと見てるかい?」

希子「見てない。。笑」

レオン「そう。そんなもんだよ。俺とチューするのは嫌?」

希子「ううん、恥ずかしいの。」

レオン「そっか。じゃあ大丈夫やね。」









DK。ノーグダ。
僕は既にベロベロなので5回繰り返した。










レオン「ねぇ、俺もうちょっと君と一緒にいたいな。」

希子「一緒に居るよー?」

レオン「ううん、2人っきりになりたいねん」

希子「どこに行くの?」

レオン「ホテル!!!!!!!」

希子「めっちゃ正直ww」

レオン「俺と出るのはいや??」

希子「でも友達が。。。」









こっからなかなか友達グダが崩れない。
なぜ?具体的にグダの理由を探さないと。









希子「レオン君と一緒にいたいよ。でも今日は友達の家に一緒に帰るって約束したの。友達にそんなチャラいと思われたくない。」

レオン「友達も酔ってるしどうせ覚えてへんやろー?」

希子「ううん、あの子酒弱いから全然飲んでないの。」

不正解。まだまだ。










希子「友達の方が大事なの。だから今日は行かない。」

レオン「そりゃそうやんね。俺は今日会ったばっかりやもん。だから尚更今日は僕と過ごしてほしい。彼女とは長い付き合いでこれからも会うんでしょ?僕とは今日が初対面やからこそその場の勢いが大事よ。だから今日だけは自分の気持ちを優先してもらいたい。」

希子「うーん...」

これが正解とみる。一気に畳み掛ける。









レオン「さ、一緒にロッカーに入れてるんでしょ?彼女を探しにいこう。」

希子「でもあの子は絶対ゆるしてくれないよ。」

レオン「そりゃ俺が言ったってそうなるよ。だから君が自分で言うんだよ。自らの意思で俺と帰りたいって、はっきり言って。」










連絡を取る。
入れ違いが何度も続き、なかなか会えない。
かなり間延びしてきた。
早くしないと食いつきが下がりかねない。










時間がない。急がないと。
とフロアを駆け回るうちにある直感が僕に働いた。












f:id:clubleon:20160628005545p:plain




























f:id:clubleon:20160628005629p:plain


















A氏「レオン君、飲みすぎ笑」








A氏にもたしなめられた記憶が走馬灯のように蘇る...












まずい。これは...















確実にもう間もなく自分が潰れる\(^o^)/笑













結局その後もすれ違い続きで友達とは合流できず。
いや合流したのかもしれない。
もはや記憶なし。
充電もなし。
ナンパ師さん達に連絡する術もなし。










よって...













帰巣本能により無事に坊主でタクシー帰宅!!笑










今回はイェーガー飲んだり無茶な飲み方はしてないんですが単純に飲みすぎで、帰宅後8時間ほどしっかり寝ゲロしておりました。
今度僕と出撃していただいた方は僕を止めてください。笑













今回飲み会にご参加いただいた方、中でコンビ組んでいただいた方本当にありがとうございましたm(_ _)m