〜レオンのクラナン日記〜

運命の人と出会うまでCLUBに通い続ける奮闘記

三度の飯よりギャル!

忘れる前に書いとこう。

 

 

 

 

 

この日僕は某県某所にいた。

 

 

 

 


学生時代の友人の結婚式に出席する為。

 

 

 

 


仲睦まじい2人の晴れ舞台に親族レベルで泣いた。
挙式の初めに新婦と父が腕組んで入ってくる時点でお父さんの心情を慮るともう、ね。
式開始1分で涙腺にくる僕はすっかり歳をとってしまった。

 

 

 

 

 

結婚かぁ...

 f:id:clubleon:20161002204734j:image

 

 

 


今の僕には最も縁遠い二文字。

 

 

 

 


いずれは、と思う。
でも今じゃない。
今はただより多くの女性を知りたい。

 

 

 

 

 

披露宴、二次会と順調に進行し、昼から飲んですっかり出来あがった僕。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても...
2次会とかワンチャンあるおもてた...
あわよくばトイレ即とかあるんちゃうかなて...

 

 

 

 

 

 


地蔵した、うん。

 

 

 

 

 

 

 

おっけーいムラムラする

 

 

 

 

 

 

やっぱ今日出よう!

 

 

 

 

 


ギンガメ確保。
準備は整った。
今宵はスーツでナンパ。
ギンガメちゃんも最近スーツ推し。

 

 

 

 


まず騎士いーん

 

 

 

 

 


圧倒的男祭り

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

 


お!これがスーツの力か!
次から次へと目ビームが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こない。笑

 

うん、世の中そんなに甘くない。

 

 

 

 


ただ、

 

 

 

 

 

 

中で会ったシザさんと1人の女の子に聞いてみた。
「どっちがイケメン?」

 

 

 

 

 

 

「こっちの人!」
と僕に指をさす。

 

 

 

 

 

えええ?!
マジかー!!!!!!!!
イケメンチートナンパ師よりイケメンとか間違いなく今日騎士で一番僕が男前やろ!!

 

 

 

 

 

 


浮かれてさらに掘り下げる僕。

「いぇーいありがと☆こっちの人より俺のがイケメンなんやな?\(^o^)/」

 

 

 

 

 

 

 

 


「うん!顔から下だけ!」

 

 

 

 

 


おーいそれスーツが好きなだけやないかーい

 

 

 

 

 

恐るべし、スーツの力。

 

 

 

 

 

その後またギンガメちゃんとコンビするも一向にモチベ上がらず。
時折地蔵しながらぐるぐるして決定打に欠ける。

 

 

 

 


シザさんはピコさんとコンビでいんしてガンガンDKしてる。
なんやこれ、流れ作業のようにとっかえひっかえDKしていく。

 

 

 

 

 

 

イケメンのナンパは参考にならねぇ!
なんやあれは!AKBの握手会かよ!
シザのチュー会やん!面白くねぇ!

 

f:id:clubleon:20161002205431j:image 

 

 


いかん、かたや自分は朝方ずんどうやでラーメン食べてるイメージしか浮かばない。

 

 

 

 

 

 

 

このままじゃあかんぞ。
切り替えなあかんぞ。
あかんあかんあかん。

 

 

 

 

 

 

 


その時ふと、騎士に並んでる時のギンガメちゃんの発言を思い出した。

 

 

 

 

 

 


ギンガメ「レオンたん、今日は爺いく前提やで」

レオン「いや、騎士で即れるなら即ろうや笑」

ギンガメ「ダメ、時代は爺やでレオンたん」

レオン「(それブームじゃなくてマイブームやろ...)」

 

 

 

 

 

あぁそうか。
彼は爺に行きたいから騎士では全然声かけずにやる気がないんやな。
そうかそうか。

 

 

 

 

 

 

レオン「ギンガメちゃん、爺いくでそろそろ」

 

 

 

 


コンビで爺いん

 

 

 

 

 


さぁきたよ、昼から飲んでるから気分は最高にハイ。

 

 

 

 


レオン「とりあえず踊ろう。テンション上げよう。」

ギンガメ「りょ」

 

 

 

 


と、その前にまず喫煙所に。

 

 

 

 


ギャル二人組がショボい男達にナンパされてた。
かなり強引に。

 

 

 

 


男達は2人で片方のギャルに声かけしてた。
もう片方のギャルに話しかける。

レオン「このお兄さん達、友達?」

ギャルA「ううん、さっきからしつこくて鬱陶しいねん。」

レオン「うーん、そっか。」

そう言ったタイミングで男の片方が僕が喋ってたギャルにも声かけ。

 

 

 

 


レオン「ほら、こっちおいで。」

ギャルを剥がして逆サイドに。

レオン「ここにおって。もう1人連れてくるから。」


男2人からもう片方のギャルを引き抜く。

 

 

 

 


ギャル二人組「お兄さんありがとー!」

 

 

 

 

 


まぁ、特にその後何もないんやけど。笑

 

 

 

 

そんなこんなもありつつ、フロアへ。

 

 

 

 

 

フロアの後ろの角のちょい空いてるスペースへ。
この日はすごい気持ちよくてめっちゃノれてた。

 

 

 

 


ギャル子C ギャル スト5 金髪
ギャル子D ギャル スト5 金髪

 

 

 

 


後ろのVIPの柵によりかかるギャル二人組。
目ビームある気がする。
僕が踊ったり、軽快に通行人を避けるのを見てめっちゃわろてる。気がする。

 

 

 

 

 

ギンガメ「レオンたん、そろそろ回ろうや」

レオン「待って。後ろのギャル刺さってる気がするからもうちょい粘らせて」

 

 

 

 

 

ちょいちょい目があう。

 

 

 

 


ミリオンダラースマイル。
微笑み返してくれる。

 

 

 

 


でも、なんかもうほんと気持ちよかったからそのまま踊った。

 

 

 

 


ギンガメちゃんが話しかけられた。
そのあと、僕にも。

 

 

 

 

ギャル二人組「お兄さん、◯◯に似てますよね!そっくり!(°_°)」
※その時知らない人やったけど調べてみたら似すぎてびっくりしたから伏せます笑

 

 

 

 


逆ナンオープン。
そこからすぐに待ってましたとばかりにドリンクフックせず、しばらくまた踊る。

 

 

 

 

 

そこからバーカン連れ出し。
そのあとのトークも共通点多く見出して2人いっぺんにぐいぐい食いつきあがる。

 

 

 

 


この時僕は思った。

 

 

 

 

 

2人いっぺんに食いつき上がったことなかったからどうしたらいいかわからんぞ...

 

 

 

 

 

脳裏に浮かぶ彼の顔...

 

 f:id:clubleon:20161002204437j:image

 

 

 

ジジイよ...
あなたはいつもこの葛藤があるのですね...

 

 

 

 

 

 

 

コンビ下手とか食いつき全部持ってくとか、散々言うたけど結局こういう時どうしたらいいかわからん。

 いつもごめんねシザさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁこの日コンビしてらしたピコさんもこのように仰っておりますが。笑

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、どちらにしても始発まであまり時間がない。
ここから連れ出しのタイミング探るしかない。

 

 

 

 


再びフロアへ。
担当はCに決めた。
Dをギンガメちゃんに託す。

 

 

 

 


4人でお立ちの前へ。
ボディタッチも問題ない。

 

 

 

 


タバコ吸いたいでセパ。
ギンガメと相方を置いて上へ。

 

 

 

 


左から回り、喫煙所へ。

 

 

 

 


そして反対側から見たくない人影が。

 

 

 

 

 f:id:clubleon:20161002205615j:image

なぜここにいる...ギンガメよ...

 

 

 

 


ギンガメ「すまん放流した」

レオン「仕上げるわ」

 

 

 

 


喫煙スペースいん。

 

 

 

 


別のギャル二人組に話しかけられた。
さっき助けた鶴、じゃなかった、ギャル。

 

 

 

 


火貸してあげる。

 

 

 

 


ギャルAB「お兄さん、さっきはありがと!その子頑張ってね\(^o^)/」

 

 

 

 


ギャルC「誰?さっきの子ら。」

(あっ、やべぇ...)

 

レオン「え?いや、さっき助けた鶴...じゃなかった、ギャルでかくかくしかじか」

 

ギャルC「えー!お兄さんやさしー!やっぱ紳士やね!」

 

 

 

 


さっき紳士やねお兄さんのくだりもあってか、逆にまた食いつきあがる。助かった。

 

 

 

 


そっから案件トイレ行きたいではぐれんように番ゲだけして一旦放流。
ここでいつも番ゲせんくてそのまま会えずじまいがよくあるからここも成長したな。

 

 

 

 

 

が、結局鬼混んでるやらなんやらでなかなか帰ってこず。
もう始発は出てる。

 

 

 

 


やっと帰ってきた。

 

 

 

 


D子と2人で。笑

 

 

 

 


C子「ごめん、相方明日朝から予定あるから帰るね(´・_・`)」

 

 

 

 

 

負け。即れたやろ、間違いなく。

 

 

 

 

 

結局そのあともう体力の限界で箱あうと。

レムさんとご挨拶さしてもらい3人で坊主飯して終了。

 

 

 

 


来週直家お泊まりアポ入ったけど、もったいないなぁ(*_*)

 

 

 

 

 

まぁ負けたし、勝てた試合運びやのに所々で選択ミスしたからそのへんは反省。

 

 

 

 


ただ今回は今までの自分のやり方とは違うアプローチで案件の食いつきを上げられたのは自分のナンパの幅が拡がったのでそれはよかった。

 

 

 

 


・スーツで闘えたこと
・苦手なギャルから食いつきあったこと
・いつもあまりテンション高くないけど自分が楽しむことで食いつきを上げられたこと
・すぐに言い寄らずに逆ナンさせるまで案件の食いつきを持っていけたこと
・ダブルで食いつき持っていけた
・いつもDKとかメインで食いつき上げるのに箱内でノーギラで仕上げられたこと

 

 

 

 

 

もっとできる。
もっともっと。
引き出し多いナンパ師になりたい。
以上坊主なのにただのマスターベーションのエントリーでした。