読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜レオンのクラナン日記〜

運命の人と出会うまでCLUBに通い続ける奮闘記

普通の三連休こそ至高〜1日目〜

普通の出撃の日も書いていこう。
多少雑でも備忘録的に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3連休が始まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はコスプレとかでウェーーーイwww出来ないし、シラフはテンション低い人間なので、ハロウィンとか嫌いなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そしてイベントごとでの箱はそういう時しか出てこないイレギュラーな人間が多すぎる。
普段より楽しくないのに割増料金という三重苦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


よって所謂普段見かけるパリピや男目当ての案件が相対的に減る。
わけのわからんやつの母数が多くなるから必然的に上澄みをすくうように普段もいそうな案件に声かけなければならない。
彼女達を果たして上澄みと呼称するべきか?

沈殿した澱と呼称する方が近いのではないかと思ったのは言うまでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何はなくとも、要するに普通の三連休が1番僕にとってありがたいということです。

 

 

 

 

 

 

 

 


まず土曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 


東京から来ているのでエンガワさんが来てらっしゃるみたいだったので、ダメもとでDM飛ばしてみる。

 f:id:clubleon:20170321202445p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日は予定もあり、時間限定とはいえ快く受け入れていただき、街へ向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


先に火の鳥さん、紀田さん、アディたんと飲んでおられるということで、珍しくUへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


会場に着くや否や、火の鳥さんに「RTしやがったなこのやろうwwww」と先日のとある人物のblogをRTしたことをたしなめられるwwww


他意はない僕の単なるいたずら心ですすいませんwwww


僕のツイート見てくれてるとはwwww
さーせーwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


エンガワさんは一度関東の忘年会でお会いしたことあるのだけれど、改めてお目にかかってみるとイケメンであることに加えてオーラと性が滲み出てた。
火の鳥さん達がエン様って呼んでたのがすごくしっくりきた。

 

 

 

 

 

 

 

 


そりゃ出会い系で知り合った男と待ち合わせしてる女の子もこの人でいいやぁってなってなんやかんやと即られるわな、と思いました。
※詳しくは去年のエン様のツイートをご参考下さい。

 

 

 

 

 

 

 


結局東京のジェラさん、アランさん、ロンブーさん、ダナハさん、胸毛さんも続々と加わり乾杯に次ぐ乾杯!

 f:id:clubleon:20170321203210j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなの悪ノリて何度も乾杯ツイートさせられるエン様wwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


錚々たるメンツであることに加え、きれいに30分ごとに次から次へとメンバーが増えていくので完全にお暇するタイミングを見失うインキャwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


すっかり遅くなり、明日朝早いのでと箱出る時間なくなってしまい、エン様とコンビは叶わずwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エン様「あれっしょ?別にそこまで僕とコンビしたかったわけでもないでしょ?ww」


レオン「あっ、いや、その...(めっちゃ楽しみにしてたけどそれ言うたら気使って箱来てくれそうで悪いし、かといってそこまで楽しみでもないとか言うたらそれはそれで失礼やし...)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、当たり障りなく宿泊しているMへタクシーで一緒に向かい、ダーーーーーイマルの前でお別れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エン様ァーーーwwww
エッン様ァーーーwwww
めっちゃ楽しみしてましたてーww
コミュ障ゆえモジモジしてもうたてーww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また今度ほんまよろしくお願いしますね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 


ってことでソロで騎士いん(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ずっと会ってみたかった若手のアポロくんとじょうじくんとやっと対面(^ν^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もうあんまり覚えてないけどのだけれども、声かけのペースも決して少なくなかったし反応もちょくちょく取れてたけど精彩を欠き、久しぶりに騎士に来たのにぼうじゅwwww

 

 

 

 

 

 

 


いかんつもりやったけど悔しすぎてこのまま帰れないので魔界の扉を開けることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔界いん(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも通り入ってすぐ無秩序な人の流れにまず後悔。
相変わらず中に入ってすぐに後悔するのに来てしまうこのゴミ箱の中毒性は騎士に足繁く通う感覚とは一線を画しているぞ。
言うなれば、足の爪の垢をクッサwwwwと思うけどついつい臭ってしまう感覚が最も近いな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもなぜフロアからバーカンまでの動線にVIPを配置するのだ。
あの位置に座ったとて、VIPとしての待遇を受けている感覚は全くもって得られるとは思えない。

 

 

 

 

 

 

 

 


そして安定のさっきもらったばっかりのドリチケをどこにしまったかわからなくなって結局実費でカミカゼ買うルーティーンをいつも通り軽くこなして、ソロでサージング。

 

 

 

 

 

 

 

 

認識作業もクソもない。
このゴミ箱だけは目ビームがどうのこうのとか全くわからんしお前が誰かもわからん。
この箱の面白いところは全く食いつきあるかわからんけどものの数分で連れ出せる場合があることなのだと最近再認識した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遅れてやってきたじょうじくんと合流し、ゴミ箱の中を徘徊する。徘徊する粗大ゴミ。

 

 

 

 

 

 

 

お立ちの前で頭ポンポンして回る。
もう話するのめんどくさいから頭ポンポンして徘徊する。

 

 

 

 

 

 


目が合って、抱き合って、手繋いで踊れたので、奥の方に消えゆくじょうじくんを慌てて呼び戻して相方を担当してもらう。

 

 

 

 

 

 

ドリンクフックでセパって、そのまま人混みの中に紛れる。

 

 

 

 

 

 


このへんから記憶が曖昧なんやけど、なんやかんやまた上の階でじょうじくんと相方子に遭遇した時にはしっかり仕上がっていたので、連れ出し。じょうじくんがーさす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


なぜか僕も仕上がっていたのに打診を全くしてなかったという謎。

 何を話したのか一切記憶がない。

 

 

 

 

 


4人で箱出て難なくセパ。
聞くと家が近いらしかったので、ヨネスケ打診。

 

 

 

 

 

 

 


レオン「ごめん、明日昼から免許の更新やねん。家遠くて寝坊してまうしシャワー浴びたいからお邪魔させて」

 

 

案件「それは大変やな。風呂も寝床も貸してあげるね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 


即。

 

 

 

 

 

 

 

 

爺の即はわけわからんイージーさがクセになる^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


春休みのハタチの貞操観念は乱れ倒している😇😇😇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し早く目覚めたのでロスタイムに一点を追加して無事免許更新会場に滑り込み寝癖のついた免許証が完成した。