〜レオンのクラナン日記〜

運命の人と出会うまでCLUBに通い続ける奮闘記

彼女と別れました。その2

短い間だけど僕は彼女と一緒に過ごしてわかったことが2つある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つは、僕がナンパを辞める時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 


僕はこの一連の私情によりお騒がせして、情け無くてたまらない結末に帰結してしまった。
だからこそこんなブログをしたためているのであるが、情け無いついでに今まで他人に知られるのが怖かったことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は女性が好きじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


憎むというほどではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ女性であるということだけを理由に攻撃するということももちろんないし、僕の心の中だけで完結できる程度の熱量でしかないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで女性が多い集団の中で長く過ごしてきたので、女友達も多いし付き合いの長い女友達もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


触れる時間が長かったからこそ男同士の竹を割ったような付き合いができないめんどくさい生き物だということがステレオタイプのように僕の頭の中にこびりついているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単に集団としての女性であるとか、異性を前にした時の女性であるとか、そんな時に「あぁ僕は根本的に性別を重視する環境下ではこの子達のこと全然興味も湧かないし好きになれないな」って、ある種の諦観のようなものがいつも頭をもたげる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、僕はずっと僕の嫌いな人種を口説いてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから僕はなるべくナンパで話さない、なるべく口説かない、目が合って、ホテルに行って、SEXしてみたいな即り方を是とするようになったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イケメンでもないのに刺しナンにこだわるのが何様だと思われたりするのが怖かった。
もっと泥臭く声かけの絶対数を増やしてナンボっていうご意見もごもっとも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも開き直ってそんな即り方をする為にどう立ち回るかだけ考えて、そんな考えをツイートするようになってから結果が出始めて、ストは別物と考えたらもともとビジネスインキャなのでスラスラトークできるようになって、ストで即れたり合コンのあとそのままLHにインしたりできるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、昨今クラスタを牽引する人達が生粋の女好きで、即の中にも礼儀ありというか、女性に対して敬意を払うことが当たり前で、相手のことをよく知る、自分はあなたに興味があるんだ、ヤリたいだけじゃないんだって、そういうマインドが大事なんだって、いつしかそれがメインストリームになって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイート1つ取ってもそんなお行儀の良いツイートをなんとなく強いられてる雰囲気を僕は勝手ながらに感じてしまっていて(それは特段彼らと仲良くできないということでは全くなく、且つそんなマインドでナンパしてる方がよっぽど精神衛生上好ましいことは僕もわかってる)、そのへんの息苦しさが(少し脱線するけど)最近特に関西クラスタでナンパ師の裏垢が増えてる原因なんじゃないかなと。
なんか多くないですか?ナンパ師の裏垢。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかもそれらの裏垢は誰か著名なナンパ師の裏垢であることだけはプロフィールに堂々と掲げられていて、ツイートの内容は本垢じゃ堂々と言えないような悪口ばっかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんなに毒吐きたくなるなら、本垢も消してクラスタから足洗って野生でナンパすればいいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


だって僕らのこのアカウントは、僕らの本名というか本当の身分に対しての「裏」のアカウントで、胸張って公言できるようなことじゃないことで、即だなんだとツイートしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


裏の裏は表だよ。
野生に戻ればいいだけ。
僕らナンパがしたくてTwitterやってて、即報は上げるけど即報上げるためにナンパしてるわけじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とまぁ、僕もこうやってちょっとしたことを言及するだけで、カタルシス効果を得てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はナンパのスタンスに関しては開き直って随分と楽になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


かく言う僕も、キチガイ認定されるのが怖くて仲良いクラスタの人にしか大したトラウマもないのに女の子が嫌いだってこと言えなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とにかく、最低限のモラルを持ってたら、お行儀なんて良くなくてもいいと思うんです。
だってナンパなんてもともとアングラカルチャー(ここまでナンパ師や読者の数が膨れ上がってきてるのだからもはやそう位置付けていいと思う)なんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


どこまで行っても僕らのやってる行為に貴賎はない。
リーガルイリーガルの線引きはあってもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の人から見たら僕らは正真正銘のキチガイなんだ。
議論の余地も弁論の余地もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それはもう僕は思い知った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


話が逸れてしまったけど、改めて僕が今回思い知ったこと。
それはずーっと僕自身がモチベーションの増減と共にあっちこっちにブレていた「僕がナンパを辞める時」

 

 

 

 

 

 

 

 

 


僕がこのクラスタに入ったのは、福岡に住んでた時。
ナンパ友達を探すうちに、ナンパクラスタなるものがあるからアカウントを作ってみるといいよと、その方はROM専やったけどクラスタの存在を教えてくれた。
結局僕も福岡では誰とも合流せずナンパを続けてそのうち関西への転勤が決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


僕には明確な目標もゴールもなかった。
学生時代に打ち込んだバスケと同じで、なるべく上手くなって、なるべく結果が残せたらぐらいにしか思ってなかった。

 

 

 

 

 

 

 

キャスしたり、飲んだりするとみんながクラスタに入ったきっかけや目的、ゴールの話を聞いた。
ずっと僕にはわからなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無理矢理彼女を探す為、本気になった人に対峙した時に物怖じしない為、こじつけようと思えばいくらでも理由は思い浮かんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ナンパしてたから、のめり込んだから、きっぱり辞められなかったから僕は彼女を傷つけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ナンパしてなかったら僕は彼女に出会ってなかった。
今更もうナンパ以外で知り合った女の子、あるいは今まで所属してたコミュニティの女性と久しぶりに会って意気投合してお付き合い発展した、なんて出会いじゃ余計に辞められないんだってことがはっきりわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これからも目的にはしない。できない。
でも僕は、ナンパで、ナンパを捨てられるくらいの人を見つけるしかナンパから足を洗う方法がないことがわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2つ目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


短い期間だったけど彼女と過ごした時間は幸せだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 僕に言う資格はないんだろうけど、どんな結末であれ忘れかけてた「楽しい」という感覚とは異なる「幸せ」という気持ちを久しぶりに実感した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


仲間とナンパするのは「楽しい」。

どこまでいってもこれ以外の感情に派生はしない。

楽しい濃度が変わるだけだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 


どっちが幸せかって聞かれたら、間違いなく彼女と裸で抱き合ってる時間の方が幸せだった。絶対に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もう来るとこまで来てしまった。
ジレンマを抱えながらナンパを続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女はほんとにいい子で、彼女は些細なことで、よくごめんねって言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなに謝らなくていいよ。
謝られるのは好きじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

僕は彼女にそんなことを言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも、あれ以来、僕はこれしか頭に浮かばなかった。
許しを乞う訳じゃなかった。

それでも何百回何千回でも言いたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そう言えば言うほど相手を傷つけてしまう気がして。
結局僕は一回しか口にしてなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


見てると思う、これが最後だと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ごめんね