〜レオンのクラナン日記〜

運命の人と出会うまでCLUBに通い続ける奮闘記

コンビチャンピオンシップ〜前編〜

久しぶりの更新でござるwww





















こないだコンビチャンピオンシップ、略してCCSなるものに出させてもらいました。

f:id:clubleon:20171030011007p:image













 

 

 



近頃の僕といえば、箱で泥酔して、散財して、ウェーーーイwwwしてるだけ。(いつもか)


























酒乞食という名の非常に合理的且つエネルギーの要らないオープナーを駆使して、僕の容姿が好みな女の子にぶち当たるまでただひたすらに無言で箱内を彷徨うゾンビと化していた。























でも楽しいんだなぁこれがwww
やっぱナンパはやめられへんよねぇwww
(ナンパしてるとは言ってない)























クラナンなんて突き詰めたら作業になってしまうから飽きるってBOSSピクコンビが言ってたので、
飽きがこないように今後決して突き詰めず、楽しくなくなるまではこのスタンスでいく。






















更に、しらこい顔して平気でアモッグすることも最近板についてきた。

























アモッグもまたオープン時に話す必要がなくていい😇😇😇






















しかしながら、今をときめくアディオス氏の申し子達であるアディソウルブラザーズの一員であるなごみん君とご挨拶させていただいたことがあって。

f:id:clubleon:20171030010250p:image
















旧子鹿時代から僕はなごみん君の和みんしていた案件をアモッグしてしまっていたらしい。
しかも2回も。




















僕はアモッガーと呼ばれていた。
アモッガーはレオンとかいうただの泥酔野郎でした。
その節は大変失礼しました。























また、泥酔にコミットしすぎて先日名古屋の天道さんが来阪時に天国箱へ行き、僕は無事に文字通り召されてしまい、携帯及び免許証、カバーに入ってた大量のドリチケとディスカウントを紛失してしまった。






















あの日は天道さんとヤクザのフリしてストで和んだ案件に稼げる仕事を斡旋するという何とも未来のない和みを繰り返していた。

















携帯をなくして失意のうちに僕は朝8時ごろ最寄り駅にたどり着いたのだが、不幸にも2回目のお迎えきて無事にロータリーのベンチで再び召されてしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは…。




























そして眼が覚めると15時で、快晴の中爆睡していたからか、不幸にも顔の右半分が真っ赤に日焼けしてしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは…。






















畏れるべきは、携帯、身分証をなくし、クソほど散財し顔の右半分が真っ赤になっても我が人生に一片の悔いなしと清々しささえ感じてしまうほどに楽しみすぎていることである。






















このままじゃいけない。
















と思ってわけでもないのだけれど、せっかくやしということでクラスタ入って以来初めてのコンテスト形式のイベントに参加した次第である。

















あぁ僕はコンビができない。


















遠征者にコンビ打診して即らせてあげられなかったことは数知れず。
僕のそのコンビ出来なさと言ったら今や遠征者をボズらせた実績ときたら東京名古屋福岡クラスタという概ね全国制覇級。


















その中でも唯一、お情けでコンビに付き合ってもらっているのではなく、互いの相性を認め合ってるクラスタに出場することを依頼した。
















ジャンボ。
割と付き合いの長いクラスタ
同い年ということもあり気の置けない仲である。

f:id:clubleon:20171030010345p:image
















 

 

 




彼の長所としては主に「あぁ偏差値30くらいしかなさそうやな...」と思ってしまうようなことが発言の大半を占めていること。
かわえかわえ...😇😇😇



















彼のお茶目さはレイトショーを映画のタイトルやと勘違いしてたところからもうかがえる。

 

宜しくご査収ください。

 

f:id:clubleon:20171030010455p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


僕らは前週からしっかりエアビを確保して本番を想定して準備した。
リハでジャンボは準即からキメてきた。




















おいおいおいおいwwwと思ったんやけど、ハイになった彼はその後子鹿箱で一人で即って箱に再び戻り僕とコンビで2:2連れ出しできっちりコンビ即をキメておられた。

















ガンギマリですわな😇

















これはすごいぞ!www
と思った僕はハットトリックの秘訣を聞いてみた。
「準即してから箱行ったらテンション上がるで!なんぼでも声かけれるわ!」とのことで、僕は「あぁ、偏差値30くらいしかなさそうやな...」と思いながら頷いていた😇
























残念ながら携帯なくしてデータが飛んでいたので、数少ない僕の番ゲは全て消え去っていた。

僕はネトナンでもう読めてる案件を大会当日エアビに呼び出して即ってから臨んだ。


















これで僕も今夜は誰でも声をかけられる無敵のメンタルを手に入れた。
(声をかけるとは言ってない)




















そして平常心を忘れない為に、同じくCCS出場コンビのレムとスラィリー、僕が泥酔の手本としているシナモン氏、そこになんやかんやで加わったひよこさんとパンチを呼びつけて酒盛りを開始した午後7時。

























大会やからっていつもと違うことをしていいということはない。
いつも通り酔っ払った先に即への道筋が見えるんや(即れるとは言ってない)


















ワイワイ飲んでる内に大会開催時刻の午後8時を迎える。


















シナ兄が言った。
「君ら大会始まってるけどええの?www」














僕は言った。
「まだええっしょwww」














ジャンボは言った。
「だよなぁwww」














 

 


この後待ち受ける結末なんぞ露知らず僕らはただただプラッチックのコップに鏡月を注いでいた。